Event is FINISHED

【緊急開催】著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウム(入場無料・事前申込制)

Description

 著作権侵害サイト等への対策およびテイクダウンは喫緊の課題であるという認識は、各団体や利害関係を超え共通の認識でありますが、今般の政府による対策については、その手法について推進派、否定派、それぞれによる様々な議論を呼び、現在も議論が続いています。本件については、慎重に議論を行わなければなりませんが、現状の権利侵害サイトによる、コンテンツ産業への多大な影響を鑑みると、早期に何らかの対策を行う必要があります。

 本シンポジウムは、情報法制に関わる全てのプロフェッショナルが一堂に会し英知を尽くすことで、登壇者のみならずすべての参加者が参加し、解決策としての立法政策の提案を試みます。



開催日2018422日(日)

開催時間:13:00〜17:00(開場12:30)

※入場無料・事前申込制

※受付の際に名刺を1枚ご用意ください。(当日混雑が予想されますQRコードと合わせてご準備ください)

開催場所:千代田区一ツ橋2丁目12 学術総合センター2F 一橋講堂

共催団体:一般財団法人 情報法制研究所(JILIS)

     一般社団法人 インターネットコンテンツセーフティ協会(ICSA)

     他共催団体調整中

後援団体:一般社団法人 日本インターネットプロバイダ協会(JAIPA)

     全国地域婦人団体連絡協議会

     一般社団法人 インターネットユーザー協会(MIAU)

     一般社団法人 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)

     安心ネットづくり促進協議会

     NPO法人日本独立作家同盟

      情報処理学会インターネットと運用技術研究会

     一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)



事務局:一般財団法人情報法制研究所(JILIS)


プログラム
12:30〜 開場
13001305 開催挨拶(情報法制研究所 理事長 鈴木正朝)
13051325 著作権侵害サイトの被害実態と対策の現状(山本一郎氏)
13251345 JILIS緊急提言の解説(JILIS情報法制研究TF 曽我部真裕研究主幹)
1345~15:25 著作権侵害サイト対策立法パネルディスカッション 前半
15:25〜15:35 休憩
15:35〜16:55 著作権侵害サイト対策立法パネルディスカッション 後半
司会進行:宍戸常寿氏  東京大学大学院法学政治学研究科教授
壇上パネル参加者:
 ・曽我部真裕氏 京都大学大学院法学研究科教授
 ・森亮二氏   英知法律事務所 弁護士
 ・上沼紫野氏  虎ノ門南法律事務所 弁護士
 ・上原哲太郎氏 立命館大学情報理工学部教授
 ・玉井克哉氏  東京大学先端科学技術研究センター教授
 ・丸橋透氏   ICSA理事、明治大学法学部教授
 ・立石聡明氏   日本インターネットプロバイダ協会 副会長・専務理事
 ・野口尚志氏   日本インターネットプロバイダ協会 理事
 ・楠正憲氏    国際大学GLOCOM客員研究員
 ・壇俊光氏    北尻総合法律事務所 弁護士
 ・石田慶樹氏   NGN IPoE協議会会長/日本DNSオペレーターズグループ代表幹事
 ・村瀬 拓男氏 用賀法律事務所 弁護士
 

16551700 閉会挨拶(丸橋 透氏 ICSA理事)


※取材等お問い合わせは情報法制研究所(JILIS)事務局(jilis@jilis.org)にご連絡ください。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#332460 2018-04-21 13:39:50
More updates
Sun Apr 22, 2018
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
シンポジウム参加 FULL
Venue Address
千代田区一ツ橋2丁目1−2 学術総合センター 2F Japan
Organizer
一般財団法人情報法制研究所
719 Followers
Attendees
397